Sponser Link

英語学童とは?

英語学童とは?

英語学童とは?

学童保育とは両親が共働きのご家庭のお子さんが、

放課後の時間を毎日過ごす場所ですね。

毎日3時間〜5時間くらい過ごすでしょうか。

その毎日の時間を有効的に効果的に活用できるのが、

英語学童になります。

・習い事に通わせる時間を作るのが難しい

・英会話ができるようになってほしい

・週1回1時間の英会話では効果が期待できない

・他の習い事も学童の中にやれたらいいのに

・金額は多少高くても、良い環境・良い内容の学童に通わせたい

・幼稚園の後に通いたい

・働いてないが、放課後の時間を英語漬けにしたいので預けたい

上記のように預かり+英会話、英語漬け+習い事という要望に

英語学童なら答えることが可能かもしれません。

毎日の放課後の時間をより有効的に効果的に活用したいと考える

保護者が多いことも英語学童の広がりになっていると思います。

また、2020年4月から、外国語(英語)の授業が小学校3・4年生を対象に必修化、5・6年生を対象に教科化されたことも英語学童が人気である理由の1つだと思います。

英語学童パーク(当サイト)では、

幼稚園児・小学生対象の英語学童を市区町村で検索できるようにしています。

対象施設は、幼稚園生・小学生対象の英語学童、アフタースクールになります。

大きく3つのタイプに分かれます。

・オールイングリッシュ

・オールイングリッシュ+英会話レッスン

・日本語+英語(英会話レッスン)

また、預かり時間は次の通りに分かれます。

・1時間〜2時間

・2時間〜3時間

・17時まで

・18時まで

・19時まで

・20時以降OK

帰国子女向けコース

プリスクールが増えている今、英語学童もプリスクール卒園児向けも増えています。
卒園児が対象としていても、帰国子女や別のプリスクール卒園生など
レベルが達していれば受け入れ可能な英語学童も多いと思います。
卒園児対象となっていても、お問い合わせしてみてください。

アフタースクールとは?

当サイトでは英語学童とアフタースクールを分けて分類しています。
学童となると毎日必要なので、
アフタースクールは毎日ではなく、週2日、週3日のもの。
時間が1時間〜2時間くらいの短いもの。
として分類しています。

サタデースクールとは?

当サイトではサタデースクールも掲載しています。
土曜日に2時間〜7時間のレッスンやアクティビティを行っているものです。
幼稚園児〜小学生高学年まで、多くのプリスクールで開催しています。
平日アフタースクールと土曜日サタデースクールを組み合わせるのもいいかもしれません。

Sponser Link

おすすめの英語学童
Sponser Link
         
WEEKLY RANKING

まだデータがありません。

    
Sponser Link
都道府県から探す
Sponser Link
よく検索されるキーワード
  • 4歳〜12歳の世界中の子供のためのオンライン英会話[PR]

    信頼できる外国人講師にオールイングリッシュで習いたいという方におすすめなのが、『NovaKid(ノバキッド) 』です。

    駅前留学のNOVAとは関係ありません。 アメリカを拠点とした会社が運営しているため、世界19カ国以上の子どもたちに英語を教えている外国人講師が英語のみで教えてくれます。
    教師は全員、CELTA、TEFL、TESOL、またはTKTの資格を持っています。

    「スタンダード(非ネイティブ講師)」か「プレミアム(ネイティブ講師)」かで料金が変わります。

    お絵描きやクイズなどゲーム形式のレッスンが幼稚園生・小学生にとても好評です。

    また、英語学童の副教材としてもおすすめです。
    シャイなお子さんは英語学童に通っていても、アウトプットがなかなか出来ないということがあります。
    そんな時にはオンライン英会話でアウトプットを促してみませんか?

    NovaKid(ノバキッド) なら、マンツーマン1回25分を週1回で月々3,760円から、週3回で月々9,600円から。
    今なら無料体験1回できます。




検索

Sponser
Sponser Link

Category
Sponser Link
Tag
Sponser Link